一般電話とIP電話の通話の仕組み

一般電話とIP電話の通話の仕組み

みなさんはIP電話というものを知っているでしょうか?
言葉だけは目にしたり耳にしたことがあっても、意味までを正しく把握しているという方はそこまで多くはないのではないでしょうか。
そんなIP電話の仕組みについてを簡単に説明していきたいと思います。

 

ビジネスシーンにおいても最近は広く活用され出しているIP電話は、重要な電話のひとつとして認められてきています。
従来の固定電話のようなアナログ回線の仕組みとIP電話との違い、他にも何故IP電話から他の電話回線に電話が繋がるのかというところについても見ていきます。

 

まず、従来の固定電話は自宅にある電話交換機と電話局にある電話交換機が電話線で結ばれており、この電話局の交換機が電話をかけたい相手の交換機へと音声を中継します。
これによって、離れた相手との会話も可能となっているのです。

 

一方でIP電話の場合は、ネットワーク上でこの仕組みが行われているのです。
詳しく話すとかなりややこしく聞こえてしまうので簡単に説明しますが、ネットワーク上にある回線を通すことによって、こちらの音声はそのまま相手へと届きます。
インターネットの通信状況が整っていれば、通話は可能となりますよ。

 

次にIP電話とその他の電話回線はどうして繋がるのか、というところです。
インターネットの通信網によって通話が成立するものであるにも関わらず、一般電話に繋がることについて疑問を抱く方も多いでしょう。

 

その答えですが、一般電話は電話回線を利用しているためにIP電話の通信網とは全くの別物であると思われてしまいがちです。
ところがIP電話が一般電話に発信すると、その音声データは一般回線と同じようにインターネットを経由して最寄りの電話局の交換機へと流れていくのです。

 

電話交換機に音声データがたどり着けば、それは通常の電話回線を通じて相手の電話へと流れていきますので、それによって通話ができるということです。
実はIP電話とアナログ回線は仕組みがまるで違いながら、お互い遣り取りをすることも可能なのです。

 

ただし、IP電話同士での通話はかなりの格安、もしくは無料で行うことができるのですが、IP電話とアナログ回線の固定電話の通話には一部の料金がかかることになります。
相手の住んでいる地域にもよりますが、固定電話が設置してある場所から見て一番近くの交換機を通ることになりますので、その分の料金のみが通話料金として加算されますよ。"