話題のIP電話とはどのようなものか

実はIP電話は会社によって違う

サービス開始から目覚ましい成長を遂げているIP電話ですが、勤める会社などで導入したところ便利さに感動して家庭にも、と考える方は多いようです。
そこで気になるのが、「IP電話のシステムを提供してくれる会社はどのようなところがあるのか」というところではないかと思います。

 

便利なIP電話ですが、どのように自宅にそのシステムを導入したら良いのでしょうか。
どのような会社を利用するのが良いのでしょうか。
会社についてを少し知りたい、と考えている方は多いと思いますので、気になるIP電話のシステムを提供している会社をいくつか紹介します。

 

ネットサーフィンを楽しむ方であれば特によく目にする「Yahoo」も実はIP電話サービスプロバイダーとして、携帯会社との提携があります。
それが「YahooBB」で、こちらが提供しているのが「BBフォン」。
同じ電話会社はなく、「YahooBB」なら「BBフォン」オンリーの利用となります。

 

IP電話としてのサービス提供が割りと前からあるフュージョンコミュニケーションズからは、「FUSION IP−Phone for BIGLOBE」があり、こちらは名前にも入っているようにサービスプロバイダーはビッグローブとなっています。
こちらも同じ電話会社からの提供はなく、この1種類ということになっていますね。

 

インフラが同じであるかそうでないか、というのは実はけっこう大きなポイントで、IP電話の最大の特徴とも言える無料通話というのは同じインフラを利用するIPS間でのみ可能となっていて、IP電話であってもIPSは異なると無料通話は無可能となるのです。

 

IP電話の大きなメリットである無料通話を最大限に利用したいのであれば、同じIPSに種類が多い会社を選ぶのがベストでしょう。
格安通話を目的としてIP電話システムの利用を考えるのであれば、上で紹介したような1つの商品を展開する会社の利用も自分に合っていればそれが1番ベストです。

 

ですから、IP電話の会社の選び方としてはやはり自分に合うかどうか、が大切です。
服などと同じように、自分が利用しやすいと思うものを選びましょう。

 

最近では利用できるサービスもその会社ごとに少し違っていたりしますので、魅力的に感じるサービスの多い会社を選ぶのももちろん良いですよね。
せっかく便利なものを利用しようとしているのですから、得は少しでも多い方が良いもの。
適当に選ぶのは避けたいですね。"