成果報酬型求人サイトの問題点

成果報酬型求人サイトの問題点

PC

 

アルバイトや正社員を募集する手段として最近では
求人サイトも増えてきた。
様々な職種を募集する総合型求人サイトから特定の業種や職種の募集をする
サイトまで様々だ。
求人サイトは基本有料タイプのものが多い。企業側はいわゆる掲載費用を払い自社のアルバイトや社員の募集情報を載せてもらう。ただこの有料タイプの課金体系も最近では様々なタイプのものが出てきた。

 

まず掲載期間等に応じて支払うタイプのものが挙げられる。
これは昔から存在するタイプのものだ。
フロム―やanをはじめリクナビやマイナビなどだいたいがこの方式を採用している。

 

ネットが始まったばかりの時期は一般的にこのような期間型の料金体系が多かったが
求人サイトの乱立が始まるにつれ求人サイトの課金体系も期間型以外の料金も
採用されるようになってきた。

 

image具体的には成果報酬型といわれるものだ。
この求人サイトの成果報酬型をいち早く導入したのがジョブセンスだ。
ジョブセンスは通常の求人サイトが今まで採用するしないにかかわらず発生する料金体系
だったのに対して、採用したら一人いくらという成果報酬型の料金体系を確立した。
だから掲載費用じたいは事実上無料ということになる。
また応募者にもメリットがある採用祝い金制度も設けたのは画期的だ。
企業からもらった成果報酬金額の一部を採用祝い金として応募者に還元するという
仕組みだ。これにより応募者もジョブセンスで仕事を探すという意欲がわくわけだ。

当時この成果報酬型の求人サイトは画期的な方法で今まで存在していなかった。
まさにイノベーションと呼べるのものだろう。
成果報酬にすることによって変わったことは求人、求職者だけでない。
運営する側の営業戦略も大きく変えた。
大手求人サイトがどのよにして求人情報をあつめていくかというと
テレアポや飛び込みの営業手法で人海戦術が主流となっていた。
ただ成果報酬型のなると別でこちらから積極的な営業をとる必要性がなくなってくる
メールやFAX等のプル型の営業で主となるので、いわゆる営業マンを雇う必要性が
なくなり、その分人件費も浮くわけである。
こう書くと成果報酬制はいいところばかりが目立つがもちろん問題も多数ある。

 

通常の期間掲載型の場合採用できなかったら掲載費用の損になるため、採用担当者は
とにかく人材を採用するため努力する。
例えば応募がきたら迅速にメール対応したり、積極的に面接をしようとするだろう。
しかし成果報酬型の場合採用したらいくらという課金体系のため、企業側も無理して採用を行わなく
なるのである。面接する前の段階で断ったりするケ―スも多くなるだろう。
つまり幾分期間掲載型の求人より消極的になるわけである。
もちろん全てが消極的とは限らないが、掲載料金を支払って掲載される求人サイトとくらべ、
成果報酬型のサイトは幾分採用欲が消極的な姿勢というとこは否定できないだろう
この点を応募者は経験を理解しているので、中にはいくら祝い金ももらえても
利用しない求職者もいるだろう。

 


なおLINEバイトの掲載はこちらに依頼すればいいだろう